宮沢和史は病気!?息子の宮沢氷魚の生年月日や詳細も紹介!

こんにちは、オーロラニュース24です、宮沢氷魚(みやざわひお)さんがモデルデビューすることが発表されましたね、ファッション誌の「MEN’S NON-NO」の10月号だそうです。

生年月日や詳細なプロフィールも調査しました。

実は宮沢氷魚さんの父親は昨年解散したロックバンドのTHE BOOMのボーカリストだった宮沢和史さんですが、実は病気を患っている!?という情報も・・・調べました!

sponsored link

宮沢氷魚さんの紹介

宮沢氷魚

宮沢氷魚さんの生年月日は1994年4月24日で出身はアメリカのカリフォルニア州、身長は184㎝と高身長です。

趣味は釣りと野球で、得意なスポーツは陸上やサッカーやクロスカントリーとかなりアクティブですね、普通自動車免許を持っています。

父親は昨年解散したロックバンドのTHEBOOM宮沢和史さんで、母親は、タレントの光岡ディオンさんですが、光岡ディオンさんは日本人とフィリピン人のハーフなので、宮沢氷魚さんはクォーターになりますね、知りませんでしたww

幼稚園からセントメリーズインターナショナルスクールに入って高校まで過ごし、大学は国際基督教大学に編入して2015年の時点では在学中の大学3年生です、とても優秀だとしか言いようがありませんね(笑)

父の宮沢和史の病気について

宮沢和史さんは宮沢氷魚さんの父親ですが、ロックバンドのTHE BOOMのボーカリストであり、昨年にバンドを解散しました。

宮沢和史

宮沢和史さんは1966年生まれで山梨県の出身、宮沢氷魚さんの父親ですが、ロックバンドのTHE BOOMのボーカリストであり、昨年にバンドを解散しました。

グループの有名な楽曲としては「島唄」や「風になりたい」などがあり、シンガーソングライターとしてたくさんの楽曲提供もしてきました、妻は光岡ディオンさんで3人の子供がいます。

THE BOOMを解散した理由は公式ホームページでは以下のようになっています。

流行に流されることなく、新しく普遍的な音楽を探し求め、宮沢、小林、小川、栃木はTHE BOOMとして歩んできましたが、今年5月21日のプロデビュー25周年を目の前にして、ふと立ち止まってみると、この4人でやれる事は全てやり尽くしたのではないかという思いが心を支配するようになりました。 そして、その声に頷く自分たちがありました。 THE BOOMは2014年の12月をもちまして活動を終了し解散致します。 結成から数えて28年もの間、多くの方々の応援、ご協力があってここまで歩いてくることができました。心より感謝申し上げます。 たくさんの、本当にたくさんの愛とぬくもりに包まれ、僕たちは日本一幸せなロックバンドでした。 出典 THE BOOM公式ホームページ 「ファンの皆さまへ」

まぁ、「やれることはすべてやり尽くして満足した」ということでしょうね。

その他に宮沢和史さんの病気も影響しているのかもしれません、

宮沢和史さんは「頸椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)」という病気を患っているようです。

症状としては肩こりや首の痛み脱力感や手足のしびれなど、主に体の片側に現れますが、原因としては首の骨や軟骨が近くにある神経を圧迫することで起きます。

治療方法としては上を向く動作をやめて極力安静に務めて固めも枕で寝るといったことが効果があるようです、サプリメントやブロック注射などもあるようです。

手足のしびれなどはバンドマンにとってはかなりやっかいな症状ですよね、なかなか満足のいくパフォーマンスができなくなっていたのかもしれません。

sponsored link

これからの活躍に期待

最近はテレビでハーフやクオーターのタレントが人気ですね、母親はハーフなので宮沢氷魚さんはクオーターということでとてもイケメンです、しかも身長が184㎝もあるのでモデルに抜擢されて当然ですねww

20150909-00000044-spnannex-000-1-view

先ほど紹介した通り、インターナショナルスクールに通っていたのでとても英語ができてペラペラだと思います、スクールる内では会話は英語です。

インターナショナルスクールの費用は年間で200万円以上が相場なようで、なかなか一般の家庭で経験している方は多くは無いようですね、芸能人やその子供たちはインターナショナルスクールに通っている割合が多いです。

金額だけではなくて両親のどちらかがネイティブ並みの英語力であることが条件で、理由は親も学校からの連絡や便りを正確に理解できる必要があるためです。

まさに選ばれた人しか入れないというやつですね、不公平感が若干ありますがwwお金と頭の良さを持ってないとダメですね、一般ピーポーの私には無縁の世界ですわ (´・ω・`)ショボーン

氷魚さんは留学経験もあって留学中にモデルに興味を持って事務所に履歴を送ったようですが、父が有名である事はあえて言わなかったようです。

なのでコネで芸能界に入ったわけではなくて個人の実力ということですね、素晴らしいです。

「氷魚」という名前は本名で冬の凍った琵琶湖で生きる稚魚を表していて、「どんな厳しい環境でも生きていけるように」という願いを込めて父親が決めた名前です。

これから本格的にモデルの仕事から始めていくと思いますが、どんな人気のモデルさんになるのか楽しみですね(。╹ω╹。)

宮沢氷魚さんはレプロの所属ですが、同じレプロに所属しているこの方は現在大変なようです(笑)

能年玲奈のブログのはしごとタブー画像で引退説と現在の状況


sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ