平尾剛が分析!!ラグビーの五郎丸ポーズはウィルキンソンか!?

こんにちは、オーロラニュース24です。

ラグビーのW杯で注目が集まった五郎丸歩さんですが、キックする前のポーズが話題になっていますね!

そのポーズの意味と効果について身体研究論の平尾剛さんが五郎丸ポーズを分析したようですので紹介します!

五郎丸ポーズについてはウィルキンソンのパクリか!?とも言われていますが、ウィルキンソンって何? (´・ω・`)、、調べてみました!

sponsored link

平尾剛さんの紹介

平尾剛

平尾 剛(ひらお つよし)さんは1975年生まれで大阪府の出身、182㎝で85㎏の体格で日本の元ラグビー選手です。

ラグビー経験は中1の時からでバスケ部を退部の後、体格が魅力的だったのかラグビーの部員たちに勧誘されたのがキッカケです。

同志社大学を卒業の後、神戸製鋼コベルコスティーラーズというラグビークラブに所属し、1999年にはW杯の日本代表に選ばれましたが、プレー中に脳震盪を起こし2007年に引退しています。

現在はジュニアスポーツの教育学科講師を務め、子供のスポーツの発達を中心とした教育を指導しています。

五郎丸ポーズの意味と効果の分析結果

平尾剛さんの分析によると、あの五郎丸ポーズにはポイントが3つあるようです。

五郎丸ポーズのとり方は、「お尻を後ろに突き出して中腰になって両膝を揃えて両手の人差し指を建てて体の前で合わせる」です、カンチョーする前のようなポーズですね(笑)

1.お尻を後ろに突き出すのは体に入っている力を抜く効果があるようです、無駄に力が入ってると体の軸がぶれやすくなるようです。

2.両膝を揃えるのは両足にかかる力を均一にするためだそうです、無意識に蹴り脚の方が力が入ってしまうのでバランスを整えるためですね。

3.両手を体の前で合わせるのは丹田という体の重心を意識するための構えだということです、それと同時に左右の体の中心も意識できるようです。

まとめると、一連の行動は体のバランスを整えてズレを修正するように意識することによって最高の状態でキックをすることができるようですね。

こういう一連のルーチンには精神的にも良い影響を及ぼしそうですね、キック成功率の80%越えは五郎丸ポーズが大いに役立っているのかもしれません。

sponsored link

五郎丸ポーズはウィルキンソンのパクリか!?

実は五郎丸さんのポーズはある人がキックするときのポーズに似ていると話題になっています。

その方はイングランドで有名な「ジョニーウィルキンソン(Jonny Wilkinson)」というラグビー選手です、この方は2014年に引退していますが、

ジョニーウィルキンソンさんがキックする前のポーズと五郎丸選手がキックする前の「五郎丸ポーズ」が似ているというのです。

五郎丸さんのキック前のポーズはこちらです。

五郎丸ポーズ

先ほど説明した通りのポーズですね、

そしてこちらがウィルキンソンさんのキック前のポーズです

動画になっていますので所々で出てきます。(1分27秒あたりからね(≧ω≦))

 

どうでしょうか?雰囲気が似ていますね、

何か関係性は無いのかと調べたところ、実はウィルキンソンさんは早稲田大学のラグビー部で臨時でコーチを務めていた事実がありました。

しかも五郎丸選手が在籍していた時期なのであのポーズも見ているはずです、

その時のようすはこちらの画像をご覧ください♪

五郎丸さんがウィルキンソンさんの真似をしているのか五郎丸さんのオリジナルなのかは本人にしかわかりませんが、このポーズには不思議な力がありそうですね!

そして実は五郎丸さんにはオネエ疑惑があるんです!!ww詳細はこちらからどうぞ♪

五郎丸歩とオネエとの関係は筋肉だった?兄と妹の詳細も!

「五郎丸」っていう珍しい苗字も気になりますね!結婚して子供もいるみたいです。

五郎丸歩の結婚した嫁と苗字とポーズのルーティーンの意味は?

その他の記事もどうぞ♪


sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ