冬の星座オリオン座の神話と流星群2015年の時間と方角!

本日10月21日の夜から22日の明け方にオリオン座流星群がピークのようですが、綺麗に観るための時間と方角を知っています!?

方角も知らないようだといつの間にか「見過ごした!!(´・ω・`;) 」となりかねません、今回は2015年のオリオン座流星群方角と時間、豆知識としてオリオン座の神話についても解説します!

sponsored link

オリオン座流星群の方角と時間

たまに「~流星群がみれますよ」ってニュースで放送されるんだけど、天気が悪くて雲が邪魔して見れなかったり、場所によって見れたり見れなかったりすることが多いですよね。

でも今回のオリオン座流星群はどこでも観測可能なんです、そして全国的に天気が良いのでどこでもチャンスありです。(北海道、東北北部では一部天気が崩れます)

星とか流星群って普段から空を見ている人なら見つけやすいですけど、あまり星とか見ない人にとっては見つけにくかったりするものですが、このオリオン座流星群は「明るくて速い」のが特徴なので初めての人でも比較的見つけやすいです!

今晩から明け方にかかって好条件なので期待が持てます!

 

2015年のオリオン座流星群ですが、10月21日、22日、23日と3日間観測することができます、ピークは22日の朝8時で前後の3日間で観られるということですね。

流星群をもっと楽しむためにこちらの短い動画をご覧ください↓

オリオン座についてわかる短い動画はこちらです。

 

見られる方角

img_0

オリオン座は東の空にあるので東を向いてください、赤い光を放つベテルギウスから少し左上くらいから放射状に流星が出現します。

注意点ですが、少し広めの視野で観測することがコツですね、オリオン座全体が中心点なので、そこからどこに流れるかはわかりません、オリオン座の右上からとか、右下から流れることもあるかと思います。

なのでオリオン座の周辺をカバーする広い視野で観測することをお奨めしますね、空全体を観るようにしましょう。

ずっと上ばかりを向いていると首が痛くなるので、どこか寝ころべるような所で観測したいですね。

sponsored link

オススメの場所

今週は天気が良いのでどこでも見られるんですけど、なるべく周りが暗い場所がオススメです。

オリオン座流星群は明るいですけど、その他の暗い流星群も流れるのでなるべく辺りが暗い方が見られる流星群の数も多くなってより楽しめます。

街灯とか深夜まで営業している店舗の近くとか光がある所はなるべく避けて、公園とか海とかがオススメですね、見晴らしが良い高台も良いです(。╹ω╹。)

どれくらい観られる?

多い年だと1時間で100個くらい観られる年もあります、今回は天気が良くて雲もあまり無いのでとってもチャンスなのです、大切な人と楽しい時間を過ごしたいですね。

男同士で酒を飲みながら盛り上がるのもいいですね(笑)

次のページでは「オリオン座の神話」について簡単に面白く解説してみます!(≧ω≦)


sponsored link

ページ: 1 2

サブコンテンツ

このページの先頭へ