坂口健太郎が韓国で人気の理由と出身大学や彼女の存在について

坂口健太郎さんが韓国で人気があるそうなんですが、その理由が気になりますね、11月11日のポッキーの日にフォトブック「坂道」を発売し、ファンには嬉しいグッズですね!

人気急上昇中の坂口健太郎の出身大学や彼女の存在を探ってみた結果を報告しまーす(。╹ω╹。)

sponsored link

坂口健太郎さんの紹介

sakaguchikentarou

坂口健太郎(さかぐち けんたろう)さんは1991年生まれで出身は東京都、183㎝と長身でO型です。

職業はもともとはモデルでしたが、最近は映画やCMにも出演することもあり、俳優業も精力的にこなしています。

19歳の時にメンズ・ノンノのモデルオーディションに合格してモデルから入り、2014年に映画デビュー、その翌年には連続ドラマに初出演と着々とメディアへの露出が目立ってきてますね!

映画には既に8作以上も出演しているようですが、テレビドラマの出演はまだ少ないですね(*^_^*)

趣味は身長を活かしたバレーボール、趣味は読書で小説などが好みです。

坂口健太郎の韓国人気の理由は?

坂口健太郎さんは日本で人気がありますが、韓国でも人気があるのです、その理由はズバリ「顔」です。

坂口健太郎さんといえば「塩顔男子ブーム」の先駆者と言われていますが、塩顔男子というのは簡単に言うと、色が白くて顔が薄くて細い、ヒゲも薄いかほぼ無いカンジの顔の男子を指すそうです。

韓国ではこの「塩顔男子」がイケメンの定義になっているのかもしれませんね、阿部寛さんと真逆の顔といった感じでしょうかねww阿部寛さんは色黒で顔の彫が深くてヒゲも濃いですね。

 

確かに韓国人の俳優って色白で細くて女性的な男性が多いような気がしますね。

私は坂口健太郎さんが韓国で人気だと聞いて、「実は在日韓国人の方?(゜д゜)」かと思いましたww

それに「潮顔男子」っていう言葉も初めて聞きました、あまりテレビとか観ないもので(笑)

日本は阿部寛さんのようなダンディーな男性も人気があるようですが韓国は「塩顔男子」が最近の流行?なのかもしれませんね。

sponsored link

出身大学と彼女の存在が気になる

坂口健太郎さんの通った学校ですが大学に関しては情報が無くどこの出身かはわかりませんでした。

芸能界に入るきっかけになった時期が19歳のときなので、その時にはどこかの大学生だった可能性は高いです。

ちなみに中学校は東京都の府中市にある「明星中学校」で、高校は同じ府中市の「明星高等学校」だということです。

特技はバレーボールだと紹介しましたが、やはり高身長なので部活動の先輩にスカウトされたんでしょうかね?中学から高校はずっとバレー部だったようですね。

部活はかなり辛くて厳しかったようで辞めたい気持ちもあったんですが結局高校を卒業するまでバレー部でした。

中学生の頃は生徒会長も務めていたようです、ただこれは「バレー部の顧問に勧められて」だそうです(笑)

自分からなりたくて生徒会長になる人なんてあまりいないでしょうね、自分だったら絶対嫌ですww

坂口健太郎に彼女はいるの?

結論からいうと坂口健太郎さんに現在、彼女がいるという証拠はありません。

ただ、熱愛情報はいくつかあるんです。

まず坂口さんには6年間交際していると噂されている女性がいます、それは女優の「菊池亜希子」さんです↓。

5f3da695

あくまで噂で6年間という年数がどこから来たのかも不明でよくわかりません、この方はキンキキッズの堂本剛さんとの交際も噂されていて週刊誌に写真が掲載されていました↓

堂本剛さんとのツーショット写真はこちらです♪

波留とも熱愛の噂が浮上

波留さんといえば2016年に連続テレビ小説の「あさが来た」のヒロイン役が決まっています、そして「non-no」(女性ファッション誌)の専属モデルということで、モデルの仕事で知り合ったのでしょうかね?

7月25日に波留さんは「あさが来た」の会見に出席し坂口健太郎さんとの交際の件に関して、「事務所が答えている通りで本当にお友達の1人なので、すみません」とコメントしています。

双方の事務所も「友人の1人」を貫いていて実際はどうかはわかりません。

芸能人の熱愛スクープは注目度が高いから週刊誌は早とちりで記事にしてしまうこともあって、実際には「会ったことも無い」なんていうパターンも実際にありました。

でも「実際に交際していた」なんていうこともあって、週刊誌の情報って両極端な気がしますし、お互いの事務所が「仲良くさせていただいています」っていうコメントを出さない限りは信用できませんよね(笑)

実際にどうなっているかわかりませんが、注目の2人ですね☆


sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ