大学生の彼氏のクリスマスプレゼントはマフラーで決まり!

彼氏へのクリスマスプレゼントに悩んでいませんか?

なかなか決められない方は素敵でお手頃なマフラーで決まりです!

大学生の彼氏へのオススメのマフラーのブランドなどを紹介しますので良いマフラーを選んでいきましょう

sponsored link

☆学生の彼氏に喜んでもらえるプレゼント候補とは?

クリスマスリース-19

今年もクリスマスの時期が近づいてきましたね!

まだ彼氏にあげるクリスマスプレゼントを決めていなかったり、どれにしようか悩んでいる方はマフラーがオススメです。

これから雪に振る季節ということで寒くなってきますし役に立ちます、服なども悪くないですが、ちゃんと彼氏の好みに合った服じゃないと着てもらえないということにもなります。

そこで今回は大学生の彼氏にマフラーをあげる際の選ぶポイントをまとめました。

☆おすすめの人気のブランドは?

マフラーにもブランドがあって、世代によって人気のブランドというものがあります。

学生がみにつけるマフラーのブランドとおじさま達が使うブランドは違います、やはり若者に人気のあるブランドから選ぶのが無難です、色やデザインにも注意したいですね。

10代から20代の男性に好まれるマフラーのブランドとしては

  • ヴィヴィアンウエストウッド
  • ポールスミス
  • グッチ
  • ポロラルフローレン
  • バーバリー
  • ドルチェ&ガッパーナ

があります、一つづつ見て行きます。

ヴィヴィアンウエストウッド

特徴は「女性が使うイメージ」が多く、デザインは派手で、身に着けていると「チャラく見える」と思います(笑)

派手好きでチャラい彼氏ならとても喜ばれますが、紫で一色の物もあったりするので、ちゃんと彼氏の好みを知っていないとプレゼントするのは危険ですねww

自分だったら紫一色のチャラいマフラーはいらないわ(笑)

ただ一部で熱狂的な支持もあります!

ポールスミス

このブランドは幅広い世代で多くの支持を集めていますマフラーの鉄板と言っても過言じゃないですね!

すべての世代に人気なのですが、やっぱりデザインが魅力的でカッコいいですね、メーカーで悩んでいる方は、ここのブランドを選べばほとんど喜ばれると思います。

自分がこれをもらったら嬉しいですね、ブランド好きの彼氏ならポールスミスはかなり嬉しいんじゃないかな?

グッチ

数あるブランドの中でも高い知名度をもつグッチは最高のブランドです。

高級志向の彼、ブランドにこだわりを持っている彼、ヤンチャな彼、目立つことが好きな彼には最高のブランドですね。

ただ値段が高いのと、偽物が横行していたり、価格に見合った質がないなど、批判が多いのもグッチの特徴です。

まぁ、高けりゃいいってもんじゃないし、あまり高いプレゼントだと彼氏の方も困る場合があるので彼氏の価値観とかもしっかりリサーチしたほうがいいよねww

ポロラルフローレン

乗馬のロゴが有名なメーカーで派手すぎなくて落ち着いたイメージで、セーターなどで有名なメーカーです。

大人っぽい雰囲気のマフラーが多いですが、高校生が身に着けているというイメージという世間の意見もあります、あまり派手なものは苦手な彼氏にはオススメです。

まぁ、妥当で失敗はしないかなって感じですね、ちょっとデザインは地味だから物足りない感は出ちゃいますww

sponsored link

バーバリー

チェック柄が特徴で「高校生が身に着けている」というイメージが強いですね、彼氏が高校生ならいいですけど、大学生の場合はどうでしょうね、そういうことを気にしない彼氏なら十分アリです。

でも電車やバスで高校生とマフラーがかぶったら恥ずかしいよねww 「あ、安いマフラーか、」ってなるww

ドルチェ&ガッバーナ

D&Gは若者にはとても人気のあるブランドです、デザインのイメージだと先ほどのヴィヴィアンウエストウッドのような派手なイメージです。

好き嫌いがはっきりするので慎重に選びたい所です、若い間は良いですけど歳を重ねると身につけるのが恥ずかしくなってくると思いますw

自分だったらこのブランドのマフラーはいらないかな、派手だしデザインも好きじゃないww

☆終わりに

10代から20代のマフラーは「温かい」という機能を重視するというよりかは「お洒落」を意識したものがいいですね、機能性よりも見た目の第一印象が大事です。

プレゼントは第一印象が重要(。╹ω╹。)

プレゼントは自分目線じゃなくて相手の好みを考えて慎重に検討しましょうね、自分が好きだから相手も喜ぶだろうと考えると失敗しちゃいます。

あなたのプレゼントがだ学生の彼氏に喜ばれることをお祈りします♪


sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ