デートに誘いくらい好きな人はいるけど、誘いを断られるのが恐くてなかなか行動できない人は多いのではないでしょうか?

 

どんな誘い方をすれば断られずにデートや食事の約束ができるのかあれこれ考えてしまいますよね、笑

 

ここでは相手の心理を利用した「断られないデートや食事の誘い方」について解説します。

 

そして、無事にデートの約束ができた場合に備えて、

相手との心の距離をぐっと近づけるおすすめのデート場所とプランについても解説しますね^^

 

ふつう

デートに誘いたい人がいるけど断られるは嫌だし、どうしよう・・。


先生

デートや食事は「誘い方」がとても重要です。


先生

早い話、相手が断りにくいデートの誘い方をすれば良いだけです。


ふつう

そんな方法があるの!?ぜひ教えてください!

sponsored link

断られないデートや食事の誘い方

好きな異性に対して初めてデートや食事に誘うときは、「断られたらどうしよう(´・ω・`;)」と誰もが不安になるものです。

 

断られるとその後の関係がギクシャクしてしまうし、相手が会社関係の人や部下だったりすると毎日顔を合わせる分ダメージが大きいですよね。

 

そんなあなたの不安を取り除き、相手からOKの返事をもらう確率を確実に上げる方法を紹介します。

ドア・イン・ザ・フェイステクニックでOKしてもらう

何かこちらからお願い事をするときに、相手が承諾してくれる可能性を確実に高める心理学を使ったテクニックがあります。

それが「ドア・イン・ザ・フェイステクニック」という心理手法です。

 

このテクニックでは、まず初めに絶対にOKしてもらえないような無理なお願いをします。

当然相手は断ってきますが、そこですぐに簡単なお願いをすると今度は断られないでOKしてもらえる確率がかなり高くなるというものです。

例えば、好きな人に「今日の夕飯一緒に食べに行かない?」と誘ったとします。

成功すれば結果オーライですが、かなり急な誘いなので断られる可能性は高いですね。

 

そして次に本命のお誘いをします。

じゃあ次の週末はどうかな?」と誘うと、相手は初めのお誘いを断っているので高い確率で承諾してくれます。

 

相手は最初の提案を断った時点で心理的に「悪い事をしたかな」という罪悪感があるので、2つ目の提案は承諾しやすい状態になっているんですね。

大義名分があると説得されやすくなる

人は、何かの誘いがあったときに大義名分があると説得されやすくなったり承諾しやすくなります。

社内で異性の部下に対して食事のお誘いをするときも、

この前仕事を手伝ってくれたお礼に食事をおごりたいんだけどどうかな?

というような誘い方であれば大義名分が立つので誘いやすいし、誘われた方も断ることなく承諾してくれる可能性が高くなるんですね。

 

理由があることで他の社員の目を気にせずに2人きりで食事に行けますし、たとえバレても「仕事を手伝ったお礼だから」と言い訳できます。

恋愛に発展させるオススメのデート場所

好きな人とのデートの約束ができた後は、デートのプランを立てます。

デートする場所をどこにするか悩みますよね (´・ω・`)

 

候補はたくさんありますし、好きな相手にどこへ行きたいかを提案してもらってそこに行くのも良いですが、

できれば一緒に体を動かせるような事に相手を誘うのが良いです。

sponsored link

心臓がドキドキすると恋へのドキドキになる

つり橋効果」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

つり橋を渡るときは恐怖心で心臓がドキドキしますよね?

異性と一緒につり橋を渡ると、この心臓のドキドキが恋をした時のドキドキだと心が勘違いして相手の事を好きになってしまうというものです。

信じがたいことですが、この原理はカナダの心理学者の実験結果で証明されいます。

 

複数の男性を「揺れる橋」を渡るグループと「揺れない橋」を渡るグループに分けてそれぞれ渡ってもらいます。

 

橋を渡ったところで女性にアンケート(嘘の)を書くように促され、最後に女性から「アンケート結果が気になったら電話してください」と言われ女性の電話番号の書いた紙を渡されました。

 

結果、揺れない橋を渡った方の男性は1割程度しか電話しなかったのに対し、

揺れる橋を渡った方の男性はそのほとんどが女性に電話をしたという結果でした。

 

好きな人とつり橋に渡る必要は無くて、心臓がドキドキすることが効果を表すので、2人で体を動かすことで「この人の事が好きなのかな?」と錯覚しやすいわけです。

 

ラウンドワンでスポッチャとか良いですね、卓球くらいなら誰でもできますしかなり心臓がドキドキします^^

運動が嫌なら怖い映画を観るとかも効果的です。

 

あとジェットコースターもドキドキするのでオススメですけど、人気だと待ち時間が気まずいのでトーク力が必要です。

暗い場所は心の距離が近くなる

つり橋効果の他に「暗闇効果」というものがあります。

人は暗い場所に行くと、自然と相手との距離を短く保とうとするのですが、これはお互いの存在を確かめようとする心理が働くため寄り添うのです。

 

同性・異性に関係なくです。

 

体と心の距離は密接に関係していて、お互いの距離が近いほど親密な関係性にあります。

 

こちらの記事↓

かわいい部下を好きになった後に恋愛に発展させる心理学

でも解説しましたが、暗闇の中で2人の距離が近づくことで「認知的不協和」の理論によって、

この人とこんな近い距離にいるということは、この人と親しいからかも

と脳が考えようとするのです^^

 

そうなると実際に相手に対して好意を抱きやすくなるので親密な関係にもなりやすくなります。

 

じゃあ初めから暗い雰囲気のお店でご飯食べればいいよね(≧ω≦)

って考えるかもしれませんが、それだと下心がバレバレでいかにもな感じになります。

 

なので初めは明るい店で夕食を済ませた後に、薄暗い雰囲気のあるバーでお酒を飲みながら話すのが良いですね。

バーでの席はテーブルじゃなくてカウンター席を選んでください。

カウンター席ならば隣に座ることで強制的に相手との距離が近くなれますし、相手との対面ではなくなるので緊張感がかなり軽減されてリラックスできます。

 

このデートプランでは車の移動だとバーに行ってもどちらかがお酒が飲めなくなってしまうので、

最後にバーでお酒を飲みながら話をしたいなら電車を使って待ち合わせるのが良いと思います。

最後に

あなたが嫌われていない限りは、今回の記事のテクニックを使ってデートや食事に誘ってみると、意外と簡単にOKをもらえるかもしれません^^

 

そしてデートをする場合に大事なのは相手の心臓がドキドキする場所やシチュエーションと2人の距離です。

 

戦略無しで行動するのとでは結果は大きく変わってくるのでぜひ参考にしてみてください(。╹ω╹。)

 

そして、実は告白を成功させる確率を80%まで上げる心理学を使った裏技があります!

詳しくは下の記事で解説しているので読んでみてください^^

告白の成功確率の統計を上回る失敗しない心理学テクニック

sponsored link